泉州エンタ

いまからどこ行こう、近くで遊びたい!泉州おでかけ情報!

泉州ドットコム

イベント掲載依頼

ミュシャと新しい芸術〜アール・ヌーヴォーとミュシャスタイル

淡い色合いの花々に囲まれた優美な女性やしなやかな曲線、、、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)はその繊細で優雅な画風によって現在も人気のある画家です。どうしてミュシャの作品はこれほど人々を惹きつけるのでしょうか。
本展覧会では、ミュシャの作品を19世紀末のヨーロッパで起こった芸術潮流、アール・ヌーヴォーのいくつかの側面を踏まえてご紹介します。アール・ヌーヴォーは19世紀末のヨーロッパ社会の動きと連動する大きな芸術の流れで、曲線や植物的なモチーフを多く使い、装飾的な芸術作品が数多く生み出されました。このアール・ヌーヴォーの要素を多く含んだミュシャの作品は「ミュシャ・スタイル」と呼ばれて大流行しました。ミュシャの画家としての生涯、そしてミュシャがデザイナーとして活躍した19世紀末のフランスの社会的状況を紹介しながら、ミュシャの作品を「女性」、「自然」、「産業と芸術」の視点から注目し、ミュシャの人気の秘密に迫ります。

詳細

  1. 開催期間: 2018年03月17日(土)~2018年07月08日(日)
  2. 開催時間: 9:30~17:15(入館は16:30まで)
  3. 開催場所: 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
  4. 休 館 日 :
    月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(3月22日、5月1日)、展示替臨時休館日(5月8日、9日)
  5. 観覧料: 一般 500円、高校・大学生 300円、小・中学生 100円
    ※小学校未満、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方と介助者は無料
    ※20人以上100人未満の団体は2割引き

ミュシャと新しい芸術〜アール・ヌーヴォーとミュシャスタイル

 

公益財団法人 堺市文化復興財団
http://mucha.sakai-bunshin.com

  1. 【PR】泉州のたこ缶詰「泉州魂」楽天で販売中

関連キーワード : 堺市

記事投稿日 - 18年02月23日金曜日|記事投稿者 - iwamoto